社労士について、ご紹介します。

社労士です。

 社会保険労務士とは、人事・労務管理・年金の専門家として、企業やそこで働く人たちの雇用・労働条件・労働保険・社会保険についての指導や、相談を行う国家資格なのである。略称として、「社労士」や「労務士」と呼ばれることもある。

 社労士のおもな仕事としては、各種社会保険に関する書類作成や手続代行などの「手続代行業務」、賃金台帳・就業規則の作成などの「書類作成業務」、人事制度・退職金制度や年金についての相談などの「コンサルタント業務」の3つが挙げられるのである。この中でも、手続代行と書類作成業務に関しては、社労士の有資格者しか行うことができない独占業務なのである。
 
 実際、私は書類作成にあたって、社労士 東京で調べた社労士事務所にコンタクトをとり、仕事を依頼した。とてもスムーズに物事が進んだのでありがたかった。

 また、年金・医療制度が不安視されるなど、社会保険制度に関して関心が集まっている現在において、社会保険制度に関して、正しい情報を提供・アドバイスできる人材となる社会保険労務士のニーズは、高まっているのである。しかし、その数は不足しており、有資格者は就職や転職に有利であったり、資格手当が支給される企業も存在しているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です