正絹風呂敷の保管方法

正絹風呂敷に関わらず、素材に絹を使用している着物などはどのように保管しているでしょうか。
そもそも絹という素材は丈夫で軽く、光沢感もあり高級なイメージを与えます。
着物だけでなくドレスやブラウスなどにも使われ、風呂敷に関しても100%絹のものを正絹風呂敷と呼んでいます。

正絹風呂敷などの絹製品が汚れてしまった場合、自宅で洗濯せずにクリーニング店に持っていきドライクリーニングなどをしてもらいましょう。
絹は水に浸けると縮んでしまう性質があり、一度縮んでしまったものは元に戻りませんので注意しましょう。

そしてクリーニングに出した後、自宅で保管する際にたとう紙を利用している人もいます。
たとう紙というのは防臭・防カビ効果がある和紙であり、正絹風呂敷と一緒にタンスなどに入れておくことで大事な正絹風呂敷を守ります。
またこのたとう紙を利用する際には、年に一度太陽などの光に当てて効果を高めるようにしましょう。
クリーニング店に置いてあることもありますが、インターネットなどで購入することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です