書類を収納して種類分けをする

 

要らなくなった書類を廃棄処分したら必要な書類が残るのですが、残った書類を綺麗に整理して収納しておくと、仕事がスムーズに出来るようになります。

必要な書類をクリアホルダやファイルボックスに収納できたら、日付や案件などを自分なりに種類分けをして保管しておくようにしましょう。
日付や案件などの種類分けをすることで、書類を探す時間が短縮できますので、短縮されて余った時間を次の仕事などに利用することも出来ます。

また色分けをしておくことや50音順に分けておくことで、他のスタッフに文書を用意してくださいと頼まれたときに、すぐに用意することも出来ます。

このような種類分けをして収納しておくことで、必要な文書をすぐに見つけることが出来て、上司や同僚から信頼されるスタッフになることも出来るでしょう。

簡単に言えば収納上手は仕事上手ということになっていきますので、オフィスのデスクが整理されていない人は、早く整理して収納上手になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です