年金資産運用法

現役世代として頑張っている方でも数十年後に訪れるシニアライフについて、少なからずの不安を抱いている方が多いのでは無いでしょうか。
リタイアしてから亡くなるまで、企業にお勤めの方は、企業からの退職金、そして政府から支払われる年金でライフスタイルをまかなっていかなくてはなりません。
そのため、多くの方が年金資産運用に関わる、様々な金融商品に関心を持っています。

年金資産運用について金融商品を選ぶ前に、自分のシニアライフに、いくらくらいのお金が必要なのか考えてみましょう。
リタイアした後も起業をして仕事を続けるのか、全く仕事を行わず田舎に別荘を借りて気ままに過ごしたいのか、海外移住をしたいのか、具体的な夢について考えながら、資金計画をはかります。

マイホームのローンが残っている方は、何年程度で返せる予定なのかも明記しておきましょう。
描いているシニアライフへの夢は人それぞれ。
それによって年金資産運用の方法も変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です